結衣ちゃんとの初デートはお互いの趣味である野球観戦にしました。外野席の安い席ですが、しっかり二人分チケットを購入して待ち合わせ場所に向かいました。

 

楽しみにしすぎていたせいか、約束の時間よりも早く着いてしまいました。僕はLINEで「早く着きすぎたので、喫茶店でお茶してます」と送信。すると「待たせてごめんなさい。急いでいきます」と返事がきました。

 

僕が勝手に早く着きすぎたのに「待たせてごめんなさい」と謝ってくる結衣ちゃん。本当に優しくてしっかりした女の子なんですね。ますます僕が好きになってしまいそうでした。

 

待ち合わせの時にもLINEを交換していれば便利ですね。スムーズに待ち合わせが出来ます。

 

15分ほど待っているとLINEが鳴りました。「着きましたよ。喫茶店の前にいます」と結衣ちゃんからのLINEです。僕は喫茶店の会計を済ませて外に出ると、そこには想像以上に可愛い女の子が立っていました。はっきり言って天使です。それほどまでに透明感のある可愛い女の子でした。

 

お互いに「はじめまして」と挨拶するとそこからは無言。僕も緊張していたのですが結衣ちゃんも相当緊張していたみたいです。そりゃそうですよね。今まで男性を付き合った事がないんですから当然です。その不慣れな感じにまたトキめいてしまいました。

 

野球場に向かっている最中もあまり会話はありません。僕が盛り上げなきゃと思い話しかけると、顔を真っ赤にして微笑んでくれました。

 

しかし野球観戦を始めると、結衣ちゃんも緊張がほぐれたのか次第に話しかけてくれるようになりました。野球を見ながら無邪気に話す結衣ちゃんを見ているとなんだか心が落ち着くような気持ちがしました。

 

僕は決意しました。結衣ちゃんを彼女にすると!